エンタメ

【世界初】第三の目を持つ蛇が発見される!!衝撃の写真がこちら…

第三の目を持つ蛇が発見される!

4月末に、オーストラリアで『ある特徴を持つ蛇』が発見されました。

その特徴とは…

 

この記事では、その特徴がある蛇の画像や、その詳細などを紹介していきます。

 

第三の目を持つ蛇を発見!?その姿と発見場所

今回、発見された蛇の画像がこちら。

第三の目を持つ蛇 第三の目を持つ蛇

なんと、額部分に第三の目を持つ蛇が発見されたんです!!

今までに頭が2つある「多頭症」の前例は存在していますが、「3つ目を持つ蛇」が発見されるのは前例にないのだそう。

 

場所は、オーストラリア北部にあるノーザンテリトリー国立公園の近くにあるハンプティー・ドゥーという小さな町。

発見された3つ目の蛇は、「モンティ」と名付けられ、国立公園に保護されたが、保護した次の週には息を引き取ってしまったそうだ。

 

第三の目を持つ蛇を発見!?「視野を広げる」第三の目

「モンティ」は、カーペットニシキヘビ(学名:Morelia spilota)種に属す蛇で、発見された時は体調40cmくらいで、生後3か月に満たなかったらしい。

しかし、成長すれば2~4mにも大きくなる蛇だったそうだ。

 

「モンティ」の第三の目は飾りでなく、正常に機能していた。

その役割として、垂直方向に視野を拡大することが出来ていたそうだ。

もし、ちゃんと成長出来ていたらヘビ界最強の蛇になんていたのではないだろうか。

 

第三の目がある理由として、ノーザンテリトリー国立公園は、

「第三の目は胚の成長過程ですでに形成されていたと考えられる。生後の環境による突然変異の可能性はなく、遺伝的に奇形成長した結果だろう」

と説明している。

 

また、レンジャーのレイ・チャットさんは、

「奇形というハンディを負いながら、これほど長い期間、野生の世界で生き抜いてきたことは驚くべきこと。最後のほうは食事も満足に取れないほど弱っていた」

と話した。

 

上空を見渡せるメリットを持っていたが、第三の目は奇形な分、体に負担が大きく、死んでしまったそうだ。

 

この生き物が、どのように成長していくのか、見ていきたかったですね。

 

 

 

人気ブログランキングへ