経済

ローソンがセルフレジ導入!?しかも全店だと!?人手不足が原因か

ローソン セルフレジ導入

ローソンが4月1日にセルフレジを全店に導入することを明らかになりました。

同日、新元号の「令和」が発表されました。

日本が新しい時代へと突入する中、ローソンもまたその波に乗っていきます!

 

この記事では、ローソンにセルフレジが導入されることによるメリットや、これからローソンが予定している取り組み、ネットの声などを書いていきます。

 

ローソン、セルフレジ導入へ

セルフレジは、買い物客が自分で商品のバーコードを専用端末で読み取って会計するシステムです。

 

もうスーパーなんかでは導入されていますよね。

コンビニに導入されたら、どのようなメリットが生じてくるのか。

 

セルフレジにするメリット

セルフレジを導入することで、買い物客の利便性向上や、コンビニの深刻な人手不足の問題を解決することになるだろう。

少ない人数で、レジや品出し、FF作成など効率的にできるようになるのだから、導入しない理由はないでしょう。

 

しかし、セルフレジを利用できるのは、電子マネーやクレジットカードといったキャッスレス決済限定となっています。

このようになってくると、多くの未成年はセルフレジを利用できないでしょう。

もしかしたらこれは、未成年に対する飲酒や喫煙防止の対策かもしれませんね。

 

これからの取り組み

全国に存在する1万4千店のレジはすでに通常のレジとセルフレジを切り替えることが可能となっているそうです。

いつの間にそのような仕組みが導入されていたんでしょうね(笑)

これから店舗ごとに状況を合わせて、徐々に試行していき、10月に予定される消費税増税までには全店で運用する見通しのようです。

ローソン

また、2019年3月29日には、ローソンがこのように発表している。

株式会社ローソンは、2019年7月頃から数か月間、フランチャイズ加盟店を含む2店舗で、深刻化する人手不足への対策として深夜時間帯の無人営業の実験を開始します。                            LAWSON HPより

ローソンは、アルバイトクルーの人手不足を、小売業にとっての課題であると掲示しました。

そして、実験を行うのが0~5時の深夜の時間帯に、レジに人がいない無人営業をすると公表。

客には、事前にアプリを入れてもらい、QRコードを読み取ることで店内の開錠を実行できるなど、対策は入念に練っているらしいです。

 

ネットの声は

このニュースに関して、Twitterでは、

ローソンセルフレジ最高かよ

女性B
女性B
ローソンセルフレジか。それは助かるなあ

男性C
男性C
セルフレジとか有難いわ

など、賛成の声が大きい中、

女性D
女性D
セルフレジとか私らの仕事なくない?人件費削減?

男性E
男性E
セルフレジとか人手が足りないとこだけにしてくれよな~

など、ローソンで働いている人たちからの複雑な声も多数ありました。

 

 

最後に

ローソンのセルフレジ導入することによって、コンビニの在り方が大きく変わっていくのではないのでしょうか。

今回の件が成功すれば、他のコンビニもローソンに続き、未来のコンビニにはレジに人が立つことがなくなっているかもしれないですね。

コンビニ業界の初めての試み。注目です。