エンタメ

日向坂46 デビュー曲「キュン」のMusic Video公開

日向坂46 MV公開

日向坂46のデビューシングルの表題曲である「キュン」がMusic Video(フルサイズ)で公開された。センターには小坂菜緒(16)さんが務めている。この1stシングルは、3月27日にリリース予定である。

ミュージックビデオは学校を舞台に撮影。最初は廊下や教室、さまざまな場所でメンバーが踊っていたが、やがてそのポジティブなパワーが学校全体に広がっていく、というストーリーになっている。見どころは約100名のエキストラダンサーを従えた最後のダンスシーンである。さらに、サビのキャッチーなダンスは、自然と「キュンキュンダンス」と呼ばれ、メンバーもお気に入りとのことでこちらにも注目だ。

日向坂46とは

日向坂46は、2月11日にけやき坂46から改名された。

けやき坂46は、結成された当時は、長濱ねる(欅坂46在籍)(20)さんの1人のみであった。そして、その後メンバーの募集が開始される。2016年5月8日に、オーディションにより選ばれた11名と長濱さんの計12名での活動が開始される。

6月26日の「欅って、書けない?」の番組で2ndシングルである「世界には愛しかない」の選抜発表時に、長濱ねるが選抜入り、欅坂46とけやき坂46の兼任メンバーとなる。

このシングル以降、欅坂46のシングルのカップリング曲として楽曲が収録されるが、人気が出てくる欅坂46の影に隠れる日々が続く。

少しずつ人気も出始め、二期生であるメンバー9名も加わって、けやき坂46はだんだん活動が盛んになっていく。しかし、長濱さんの兼任が多忙はピークとなり、兼任が解除され欅坂46専任となる。

2018年4月には、けやき坂のレギュラー番組「ひらがな推し」(毎週日曜日25:05~テレビ東京にてオンエア)が始まる。さらに、「KEYABINGO!4」にも単独で出演したりするなど、メディアへの露出が多くなってくる。

6月3日にはSHOWROOMにて佐々木久美のキャプテン就任が発表され、20日には遂にデビューアルバム「走り出す瞬間」が発売される。このアルバムでは、オリコンウィークリーチャート1位を獲得している。

「坂道合同オーディション」にて合格したメンバーの中から、上村ひなの(14)さんが三期生として加入する。

そして、2月11日、「ひらがなのおしらせ」としてSHOWROOMが配信され、3月27日の単独デビューを発表する。そして最後に、メンバーへのサプライズとしてグループ名の改名が発表、けやき坂46は「日向坂46」として生まれ変わる。