事件

3歳の弟の腹を姉が踏み続け殺害「死ぬとは思わなかった」その動機とは

大阪市 事件

大坂市に住む23歳の姉は4月2日、自宅で一生に住む3歳の弟の腹を足で踏み続けるなどの暴行を加えて殺害した疑いで、5日に逮捕された。

 

この記事では、今回の事件がどのように引き起こされたのか、姉がどのような動機でこんな事件を起こしてしまったのかについて書いていきます。

 

事件の詳細

大阪市の自宅で住む23歳の姉が起こした事件。

この家族は、両親と子供6人の8人家族であるとのこと。

4月2日、自宅で一緒に住む弟の腹を足で踏み続けるなどの暴行を加えて殺害。

この容疑の疑いで、姉は5日に逮捕された。

 

姉はこの事件に対して、

「風呂場であおむけの弟の腹に5,6分乗っていた。死ぬとは思わなかった」

と供述し、殺意については否認しているとのこと。

 

また、弟の死因は、腹を強く圧迫され腸が破れたことによる失血死によるもの。

他にも、腕や足などにやけどの跡があったらしい。

 

どうして、姉は弟にこのような事件を引き起こしてしまったのか。

 

動機について

姉は、今回の事件に対して警察に、

「普段から弟の面倒を見させられ嫌気がさした」

と話している。

 

 

まとめ

一家の長女であった彼女は、両親にも頼られる存在だったのだろう。

しかし、これほどの事件を起こしてしまうストレスの原因はなんだったのか。

 

そして、警察は「知的障害」の彼女にどのような判決を下すのか、注目していきたいですね。