スポーツ

水谷隼人 実は球が見えていなかった!?深刻な目の症状を告白

水谷隼人

卓球界の日本のエースとして君臨し続けてきた水谷隼人選手。

最近では、1月に10回目の全日本選手権優勝という偉業を成し遂げた。

 

「調子はどう?」と聞かれ、ショッキングな返答が…

 

 

水谷隼人「目が見えていない」

「実は、この1年、球が見えないんです」

水谷隼人は語った。

「文字通りです。見えないんです。この1年間、かなりきつかった」

「日常生活には支障はない。

でも、『特定の条件』になった時に球が全く見えない。

つまり、卓球台の周囲が暗くて、台にだけ白い光が当たっている。

そして周囲が電光掲示板で囲われている場合、ほとんど球は見えていません

と明かした。

水谷隼人

卓球の試合は、大規模の大会になればなるほど客席が暗く、卓球台はライトアップされ、周囲はLED掲示板のスポンサー表示が並んでいる。

 

この言葉が本当だとするならば、目が見えない状態で数々の試合を戦ってきたということになる。

 

水谷選手に、どのように相手が写っているのか聞くと、

「まず相手がボールを構える。

その時に(掲示板と)かぶって、フッと球が消えるんです。

そのあと、打球の音だけが聞こえる。

ボールはネットを超えたあたりから突然現れる。

この1年の僕のプレーを見てもらってもいい。

全く逆をつかれて驚いていたり、ラケットの角にあたって返球してる場面が本当に多いんです」

と語った。

 

正直現役引退も考えていました。卓球をやっていても悲しいんですよ」

と、心の内も話している。

 

卓球に限らず、スポーツには目がものをいう。

卓球ともなれば、動体視力が高ければ高いほど有利なスポーツであろう。

しかし、その大切なものを水谷選手は失ってしまっていたのである。

 

突如落ち始めた視力

視力が落ち始めたのは5年前くらいからだそう。

元々、視力は両目とも1.5と高かったが、急に左目だけ0.3まで落ちたとのこと。

 

しばらく経ち、次は右目に異変が起こる。

 

水谷選手は、長い間視力が悪い中戦ってきていた。

 

 

今の自分は全盛期の3割

この1年の調子について、水谷選手は、

「正直、今の自分は全盛期の3割くらい

と述べる。

水谷隼人

最近の試合について、水元選手はこのように述べた。

「全日本の決勝は相手が大島(裕哉)だったから自分が主導権握って、フォアでゆっくりとラリーを展開できた。

こういう試合だとコースも回転も予測できる。

でもだいぶ勘でしたけどね。

優勝できて自分が一番驚いたくらいで。

かたや、トップ12のときの決勝張本戦は全然ダメだった。

あれは自分の卓球市でワースト3に残るレベル。

張本みたいに台の前にはりついてガンガン打ち込まれるような相手になると途端に見えない」

 

また、

「3割の僕でも優勝できてしまうようでは、日本の若手がまだまだっていうこと。

もっと貪欲に勝ちに来てほしい。

もっと貪欲に倒しに来てほしい。

このままでは安心して任せられない。

たとえ自分がどんなに弱くなっても、卓球界に居続けるつもりです

と、現状の日本の卓球界についてと、これからも戦い続けることを語ってくれた。