エンタメ

【速報】「まんぷく」第24週平均20.4%

24週目 「まんぷくヌードル」完成

女優の安藤サクラ(33)や長谷川博己(42)、松下奈緒(34)などのキャストが出演するNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜午前8:00)の第24週目の平均視聴率が20.4%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)だったことがわかっている。

10週連続で視聴率20%を上回っており、好調をキープし続けている。

まんぷくは、99作目の朝ドラで、大阪放送局としては42作目となる。

インスタントラーメンを生み出した安藤百福さんとその妻である仁子さんの生きざまをモデルとしたドラマになっている。

物語の全編の語り役を担当するのは女優の芦田愛菜(14)。これは最年少であり、大抜擢である。

また、主題歌「あなたとトゥラッタッタ♪」は「DREAMS COME TRUE」の書下ろしである。

 

 

 

第24週は「見守るしかない」。

立花萬平(長谷川博己)と立花源(西村元貴)は、「まんぷくヌードル」の容器の開発を試みるが、事態は難航。

発泡スチロールで試作品を作るが、強い刺激臭により使い物にならなかった。

しかし、加熱することにより匂いが消え、問題は解決する。

また、難航していたスープの件も無事に終了。

しかし、試作品を試食すると、立花福子(安藤サクラ)は「おいしいが、100円は高すぎる。具材を入れれば100円で売れるのではないか」と提案する。

しかし、条件に合う具材は見つからず、途方に暮れてしまう。

「まんぷく」は放送期間が3月31日までであり、残り少なくなっている。

カップヌードル誕生までの残りわずか、どのように問題を解決していくのか、楽しみである。