事件

高校教諭の岡田秀之容疑者が多数のあおり運転や信号無視、パトカーから逃走など1日でありえないほどの容疑を重ねてしまうwww

高校教諭 岡田秀之 あおり運転 信号無視

岐阜県の高校教諭の男が、三重県内を運転中に信号無視をして逮捕された。

 

この記事では、信号無視をするまでの経緯や、高校教諭である岡田秀之容疑者の詳細について書いていきます。

 

岡田秀之が起こした事件の詳細

岡田秀之が起こした事件の詳細がこちら。

岐阜県の高校教諭の男が、三重県内で車を運転中に信号無視をしたとして逮捕された。

男はあおり運転をしていたとみられ、警察が関連を調べている。

 

逮捕されたのは、岐阜県立大垣養老高校教諭・岡田秀之容疑者(56)。

警察によると、岡田容疑者は13日午後、三重県桑名市の国道で乗用車を運転中に、赤信号を無視した疑いが持たれている。

 

その直前に、東名阪自動車道の亀山パーキングエリア付近で、あおり運転をしているなどと6件の通報があり、警察が似た車に乗っていた岡田容疑者を発見して追跡をしたところ、一般道路に降りて逃走し、赤信号を無視したという。

 

岡田容疑者は信号無視の容疑を認めていて、警察は東な反動でのあおり運転の疑いについても調べるとしている。

 

1日で6件のあおり運転……。

これは今まで捕まってこなかっただけで、常習犯であること確実ですね。

今まで大きな事故がなくて本当に良かったです。

岡田秀之のプロフィール

名前:岡田秀之

性別:男

年齢:56歳

職業:岐阜県立大垣養老高校教諭

 

顔画像については、メディアなどには公開されていませんでした。

岐阜県立大垣養老高校の詳細

大垣養老高等学校は、平成17年4月(2005年)に大垣農業高等学校と養老女子商業高等学校が統合してできた学校です。

大垣養老高等学校は、大正10年に安八群立農学校どして創立し、平成13年度には80周年を迎えた西濃地区唯一の農業高校です。

養老女子商業高等学校は、昭和23年に学校組合立高田所持高等学校として開校し女子を対象とした商業教育に力を入れてきました。

kの両校の良さを生かし、「時代に対応した地域社会に役立つ人づくりを目指す学校」として、西濃地区唯一の総合学科ど農業科を設置する大垣養老高等学校が開校されました。

 

教育方針には、

地域社会から期待される学校を目指して、魅力ある教育の推進を図り、生徒自らの夢に向かって本校で学んだことが将来生かされる「生きる力」を育む活力と特色ある学校づくりに組織一丸となって努める。

岐阜県立大垣養老高校

また、住所などは以下の通りとなっています。

〒503-1305
岐阜県養老郡養老町祖父江向野
1418-4

TEL: 0584-32-3161
FAX: 0584-32-2915
Mail: c27392@gifu-net.ed.jp

 

世間の反応は

男性1
男性1
煽り運転の通報が6件もあったと言うことから、相当数の煽り運転をしていたと思います。容疑者の高校教諭は人の模範となるべき立場ではないかと。こんな人に子供達への教育を任せてはいけない。

女性1
女性1
これは余罪がありそうだね

男性2
男性2
免許を取り消してあげて下さい。

女性2
女性2
県立高校の教諭がこれか…岐阜も悲惨だな

男性3
男性3
通報されるあおり運転手ってどんだけと思うが、それも6件って……

女性3
女性3
あおり運転と飲酒運転は、根絶は不可能だな。

 

まとめ

最近、教員による事件が多い気がします。

教員は生徒を正しい道へ導いてあげる立場です。

その分、世間から厳しい目で見られることをしっかり覚悟して、このような職業についてほしいですね。