事件

医師が自分の精子を使い… 無断で体外受精、49人の子供を誕生させてしまう!!

男性医師 体外受精

複数のヨーロッパメディアで報じられた内容が、ありえないと話題に!!

 

この記事では、この事件の詳細と世間の声について書いていきます。

 

自分の精子を無断で体外受精に使用

オランダで、男性医師が自分の精子を無断で体外受精に使用したことが判明しました。

 

複数のヨーロッパメディアによると、この事件はオランダのクリニックで不妊治療をしていた男性医師が1980年代ごろから体外受精に自分の精子を無断で使用していたと疑われている。

 

その男性医師だが、2017年に89歳で他界。

男性医師のクリニックも現在は閉鎖している。

男性医師

このような事件があると、不妊治療してくれる医者を疑いの目で見てしまいますよね…。

医者には100%の信頼を持って治療してもらいたいですし。

まあ、なかなかいないとは思いますが…。

 

血縁関係にある子どもはなんと49人!!

この事件の後、裁判を経て、そのクリニックで不妊治療をした人たちのDNA鑑定が実施された。

その結果、男性医師と血縁関係のある子どもは49人いることが判明した。

 

オランダでは、49人の他に男性医師との血縁関係のある子供がいないか、調査を行っている。

 

本当に、恐ろしい事件ですよね……。

 

男性医師の動機は

一体、このような事件を起こした動機は何だったのでしょうか。

 

いろいろと考えられますよね。

 

不妊治療を受けに来た夫婦の男性側に問題があって、お金のためにできないとは言わず自分の精子を無断で使用したとか。

単純に、その男性医師が欲望のままに行動していたとか。

 

何がともあれ、たくさんの家族を不幸にさせる出来事ですね。

 

世間の声は

この事件をを見た世間の反応は、

「子供や両親がかわいそう」

「49人はすごい!!」

「これはアカン」

「容姿が悪かったら最悪だなんていってられないね」

「父親はどう整理つければいいの」

など、怒りの声が多数でした。